フォントの編集

スティーブ・グッテンバーグは、素晴らしい手抜き方法として文字を型にはめる歴史を作りました。 ヨハネス・グーテンベルクは、機械による可動式タイプ印刷を発明した時歴史を作りました。

あなたは自分の歴史を作るためにグーテンベルグになる必要はありません。ただ、サイトで使用するフォントを微調整すればいいのです。 その方法については、以下のビデオ「彼らはどうやってやったの?(How'd They Do That?)」やその下の記事全文を参照してください。

 

Weebly の各テーマに既定で、すべてのテキストに使用できるグローバル フォントの設定が含まれています。 しかし、[テーマ] タブのフォント変更領域を介してこれらのフォント設定を変更することができます。

このセクションから多数のフォント管理が選択できますが、サイト全体の外観に影響するのはそのうちの一部のものだけです。 この設定の中で最も重要なものは「段落テキスト」と呼ばれるものです。ここでは、これを例として使用したいと思います。

 

段落テキストはサイトに追加したテキスト要素のすべてのデフォルトのフォントをコントロールします。 フォントファミリー、サイズ、太さ、色を変更できます。

利用できるフォントファミリーは100以上です。 これらのすべてが「ウェブセーフ」フォントとして知られるものです。 つまり、どのブラウザで、どのコンピュータからサイトを閲覧する場合でも問題なくフォントを表示できるということです。

フォントのサイズを好みに合わせて設定します。しかし、段落テキストの場合には、12~20ピクセルのサイズにすることが推奨されます。 テキストの大きさが読むには十分な大きさで、なおかつ、うるさく叫んでいるような印象を与えないサイズです。

太さのオプションはフォントのファミリーにより異なりますが、ほとんどのものに標準オプションが含まれます: 太字、標準、細字。

色の選択肢はそれほど広範ではありません。 または、ボックスの右下にある矢印を使用して選択肢を拡大することができます。虹色全体から好みの色を選択するか、HTML/16進数カラーコードを入力します。

サイト上のすべてのテキストで、これら4つのオプション(フォントファミリー、サイズ、太さ、色)をリストにある各タイプの下で調整できます。 段落テキストはテキスト要素、段落の見出しコントロール、タイトル要素、ナビゲーションコントロール、サイトのナビゲーションバーなど、すべてのテキスト要素のフォントをコントロールします。

各コントロールをスクロールして、ページの何が実際に変更されるのかを見ることができます - どのようなテキストに変更されるかが青で強調表示されます。

この記事は役に立ちましたか? 424人中273人がこの記事が役に立ったと言っています